料金の支払いと節約

銀行振込みによる現金一括払いのほかに、「運転免許ローン」というローンの契約をして、免許合宿の料金を分割払いにするという選択肢もあります。ローンを組む場合、申込み者の年齢や職業によって、名義と引落とし銀行口座、申込み代理人もしくは保証人の必要性に違いが生じて来ます。

次に、免許合宿の場合、通学して教習を受けるよりも、掛かる費用は安上がりになります。とは言うものの、免許合宿に参加する場合にも、ある程度まとまった金額のコストが必要になることに違いはありません。免許合宿の費用をできるだけ節約するためには、それなりの工夫を凝らす必要があります。

例えば、合宿に参加する時期も一つのチェックポイントとなります。ひと口に免許合宿と言っても、その料金は、参加する時期によっても違いがあります。例えば、まとまった休みが取りやすい時期には、予約の希望者が多くなり、高額な料金が設定される傾向にあります。具体的には、新年から春にかけて、及び夏は、免許合宿のハイシーズンとなります。その点を踏まえた上で、4月の後半から7月前半にかけて、10月から11月にかけてのオフシーズンを狙って合宿に参加すれば、それだけ料金を節約することができるはずです。